>
熱中症対策

熱中症対策 Q&A

熱中症・熱中症対策に関する様々な疑問にお答えします

熱中症はどうして起きるのか?
熱中症は夏の暑い時期など体温の調節がうまくできなくなって、からだの中の水分や塩分のバランスが崩れて起こります。 気温が高い、湿度が高いといった環境と、激しい運動によって体内に著しい熱が産生されたり、暑い環境にからだが慣れていないときに起こりやすいです。 高齢者、肥満の人、普段から運動をしていない人、体調の悪い人は体温調節がしにくくなって熱中症が発症しやすくなります。
熱中症にはどんな症状があるのか?
熱失神(めまいがしたり、失神を起こす)・熱けいれん(高い気温の中での運動中や作業中に起こりやすい。痛みを伴った筋肉のけいれん。脚や腹部の筋肉に発生しやすいです。)・熱疲労(たくさんの汗をかき、皮膚は青白くなります。めまい、頭痛、吐き気、倦怠感を伴うことも多い。)・熱射病(汗はあまりかいておらず、皮膚は赤くぽくなります。体温は39℃を超えることが多い。めまい、吐き気、頭痛のほか、意識障害、錯乱、昏睡、全身けいれんなどを伴うことがある)などです。水分の不足からの脳への血流不足となり、めまい、吐き気、頭痛、などの症状を引き起こします。その他に判断力や動作が鈍くなったりします。
熱中症になりそうな時の対策はどうするのか?
【対策1】日陰や屋内などの涼しい場所へ避難をさせ、衣類を緩め靴を脱がして体を冷やす。
【対策2】水分補給と塩分補給。
【対策3】自力で水分を摂取できない場合や、回復しても「反応が鈍い」「言動がおかしい」「意識がはっきりしない」場合はすぐに救急車で病院へ搬送する。
すぐに回復したが、すぐ作業に戻っていいか?
熱中症が危険なのは、自分では「ちょっと体調が悪い」「少し気持ちが悪い」「さっきよりはましになった」程度と思っている間に症状が進んでしまうケースも多く、周囲の人の気遣いに「大丈夫」と答えたすぐ後に倒れてしまう場合もあるので、無理をせずにゆっくり休ませることが大切です。なるべく事前の対策を心がけましょう!
オリジナルの熱中症対策キットを作りたいができるのか?
できます。
まずはどんな熱中症対策商品が必要なのか?数量は?納期は?価格は?など様々な疑問があると思いますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
お客様に最もよい対策方法をご提案させていただきます。