>
表示板

表示板 Q&A

表示板に関する様々な疑問にお答えします

お見積りは無料ですか?
はい。無料でお見積りさせていただいておりますので、どうぞお気軽にご利用ください。
決められた予算内で看板の製作はしてもらえますか?
可能な限りご対応させていただきます。
保護帽の軽いものはありますか?
一個でも対応してもらえますか?
一個でも対応してもらえますか?
対応可能です。
しかし、スクリーン印刷の場合、データをいただき、版を作成する必要があります。
インクジェットプリントの場合、データからの直接印刷・印字できるので版の費用はかかりません。
いづれの方法でも、材質・形状などにより不可能な場合もござますので、弊社営業部へご相談下さい。
看板をお願いする場合、支払方法はどうなっていますか?
銀行振込み、又は、弊社店頭にてお支払いください。ご入金の確認がとれましたら、製作に取りかからせていただきます。
看板は何年ぐらい持つのでしょうか?
看板の材質や用途によって大きく変わりますし、屋外・屋内といった環境によっても変わります。例えば、目安としてカッティングシートや出力物の場合、大体3年と言われておりますが、素材の進歩により5年程度持つものも出てきています。
お客様のご要望により仮設の短期間の物、長期間変わらず美しい物を製作する事も十分可能です。様々なケースに対応し、コストパフォーマンスを充分に考え、材質を検討し製作させて頂きます。
価格に差がつくのはなぜですか?
上記のように看板サイズや用途によって変わってきます。
どんなに安く看板が出来たと、喜んでも2年や3年で退色や劣化してしまうと返って高くついてしまう場合もあります。
カッティングシートとインクジェットはどちらが良いのでしょうか?
色数が多い場合や、写真、グラデーションがあるときはインクジェットの方が良いです。
メーカーにもよりますが、耐久性や色の鮮やかさに関しては一般的にインクジェットよりも、日本製のカッティングシートの方があります。
(近年インクジェットの耐久性も進化していっているので、今後はインクジェットでも変わらない耐久性、色の鮮やかさを期待できるようになると思います)
看板の製作はどの位の期間がかかりますか?
大きさ仕様によって様々ですが、簡単なものでもデザイン校正を含めると2週間程度かかります。
デザインが予めある場合は1週間程度で出来る看板もあります。
デザインの持ち込みはできますか?
はい、可能です。データ化されたデザインはもちろんの事、手書きのデザインでも受付可能です。
弊社のデザイナーが看板用のデータに変換いたします。
データ入稿とは何ですか?
デザインを、Adobe社のアプリケーション「Illustrator(イラストレーター)」で(必要な場合はロゴ・マークを含めた、完全な形で)作成していただき、そのデータをそのままご提供いただくことです。
JPEG画像やPDFファイルでのデータ入稿はできますか?
基本的にIllustratorのデータにてご入稿をお願い致します。
JPG画像やPDFファイル等は塗り足しの不備や画像が荒れる可能性が十分ございます。
データがJPGやPDFのみの場合は一度お問い合わせ願います。極力対応はさせて頂きますが難しい場合がございます。
アルミ複合板とはどういう板ですか?重いのですか?
合成樹脂をアルミ板で挟んだ三層構造になった板です。板の色は白色です。
厚さは3mmと薄く軽量で、切断や穴あけなど加工しやすいため多くの看板に使われています。
車にステッカーを貼っても大丈夫ですか?
専用ステッカーも作成可能です。弊社では各用途に合わせたステッカーを専用に作りますので、お客様の使用用途をご相談ください。 マグネットシートでのご提案もできます。
看板の郵送地域はどの地域まで対応していますか?
日本全国各地対応しております。